読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kionachiの日記

中野でコミックやラノベの装丁やテキスト仕事や社長などをしている木緒なちの日記です。

継続と慣れ

 毎年この季節になると、様々な方向から就職についての問い合わせや相談が来るようになる。僕はKOMEWORKSという会社の代表をしているので、その求人についての話がほとんどなのだけど、中には僕の仕事そのものや、人生観について質問が来ることもある。

 これまであまり真面目に生きてこなかったので、他人に人生など語れるような立場にはないのだけれど、それでもあえて、これから就職しようという人にアドバイスできることがあるとすれば、『継続して働いた方がいい』ということぐらいだろうか。

 僕はこれまでの人生で2回、学校にも行かず働かずの時期を経験している。最初は大学を卒業し、上京するまで実家で過ごした2ヶ月間で、次は最初の就職先を辞め、引っ越してから再就職するまでの2ヶ月間である。

 その時にやっていたのはネットとゲームだった。脳が溶けるほど、という言葉がこれ程似合う時期もなかった。朝起きてメシを食ってその後は夜までネットとゲーム。外にもほとんど出ず、ずっとそればかりやっていた。ネットはチャットルームにずっと張り付いて見ず知らずの誰かと延々と喋っていた。ネカマにもなった。自分で設定を作ってその人格になりきったりもした。ゲームはガンパレード・マーチだった。その頃は一人暮らしをしていたので、昼は出前、夜食はコンビニで支払はカード、あまりにガンパレばかりやりすぎて△ボタンで日常の時間が止まると錯覚するところまで来た。見事な廃人だった。

 僕はこういう、完全にハマッた状態になると自分では抜け出せなくなる。何かが強制的に終わらない限り、延々と何かをし続けるのだ。人生で2回に渡り送った廃人生活にピリオドを打ってくれたのは、定住していたチャットルームの閉鎖と、ガンパレのSランククリア&バグ技含めのコンプリートだった。終わった時は呆然として何も考えられなかった。フラフラと外に出て、コンビニでジュースを買って、駐車場でそれを飲みながら、「ああ、そろそろ働かないとな」と思った。継続と慣れは恐い。最初は後ろめたかった生活も、一週間、二週間と時間が過ぎるごとに感覚が麻痺し、何とも思わなくなっていた。

 動くことは面倒だし、働くことはつらいけど、それでも継続していれば慣れてくるし楽しさも浮かび上がってくる。そして仕事は継続さえしていれば、次々と何かに繋がっていく。仕事をするというのは人と会い、外に出ることだからだ。この繋がりが実感できるようになったあたりから、自分のやり方なり方向性なりを見つけられるようになって、転職や起業に繋がっていく。ぼんやりとした意識でこの流れを止めてしまうと、そこから何かがにじみ出して、ダメになる停滞感に囚われることとなる。休息は必要だけれど、意識をせず、期間を決めておかないと、ここから一気に坂道を転げ落ちる。

 娯楽が多様化し、価格が下がって、ダメになるための方法は昔より格段に多くなった。強制的に終わらせてくれた僕の時の娯楽とは違い、終わらせてくれない娯楽も増えた。そんな中でこれから戦う人たちは本当に大変なのだと思う。僕らの頃の氷河期なんて、今からすれば大したことはなかった。思い通りの仕事に就くことも難しいとは思うのだけれど、なんとか継続さえしていれば巡り巡って希望の仕事に辿り着くこともあるので、なんとか絶望せず、最初のきっかけを掴んで欲しいと思う。

 社長という立場になってそう良いこともないなと思っていたけれど、そのきっかけを少数ながら人に与えられるようになったことだけは、良かったと思っている。