読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kionachiの日記

中野でコミックやラノベの装丁やテキスト仕事や社長などをしている木緒なちの日記です。

ジョロキアソース

 近所にあるカレーのチェーン店では、すごく辛い後入れ方式のスパイスソース、ジョロキアソースが常備されている。僕は程々に辛い物好きな所があるのでこれをいつも頼むのだけど、あまりに辛すぎて一さじ入れるのが精一杯で、全部入れるようなことはまずありえない。

 ところが今日、ついにジョロキアソースを全投入してしまった。どういう気持ちの変化があったのかはわからないが、仕事周りが微妙に停滞していて、何かカンフル剤が欲しかったのか、はたまた別のことを考えていてソースにまで気が回らなかったのか、ともかく何か変化が欲しかったのかもしれない。

 いつも食べているキーマカレーは、美味しそうな焦茶色をしているのに対し、ジョロキア全部入りのキーマは完全な赤だ。しかも黒味を帯びていて、邪悪な雰囲気を出している。ドラクエなら間違い無くダメージ床だ。

 なかなかに食べる側の意欲を削ぐ風体だが、とにかく食べてみることにする。辛い辛いと言っても、チェーン店で出ているカレーだ。まさか食えないことは無いだろう。今や10店舗を超えるチェーン展開をしている店だ。程々の冒険心を満たしてくれる程度に、このソースは作られているに違いない。様々な言い訳と共に、一さじすくってライスに投入し、口に運ぶ。

 

 いくらチェーン店とはいえ、『要注意』とか物騒な言葉の書かれているものを、安易に全部がけするのは良くないと知った。半分も残してカレー屋を出るなんて病気の時以来だ。日々、様々な勉強をして人は成長していくけれど、僕は37才の今日、ジョロキアソースは本当に辛い、ということを知った。外の風が心地よかった。

 

 

 僕の好きなデザイナーさんが『日記を書こう』というエントリーを上げていて、その内容がとても頷けるものだったので、ひとまずやってみようと、立ち上げました。テーマとしては、こういう日々の学びを中心に書いて行こうと思います。